長さ取得

作図されている図形の長さを取得することができます。取得した長さは作図ウィンドウの左上に表示されるほかに、選択されているコマンドのコントロールバーに【寸法】のテキストボックスがある場合は、そこに取得した長さが入力されます。

長さ取得の方法は4種類用意されているので、図形に合わせて方法を選択します。各コマンドはメニューバー【設定】→【長さ取得】から選択できるほか、ツールバーからも【線長】【2点長】【間隔】が選択できます。

各コマンドの選択中はクロックメニューが使用できなくなります。


線長

線を指示すると、その線の長さを取得します。

円を指示すると、円の半径を取得します。

2点間長

基準点と終点を指示すると、その2点間の長さを取得します。各点は指示は左クリックで任意点、右クリックで読取点となります。

基準点指示のときに円を右クリックすると、その円の中心点を指示することができます。

数値長

数値だけが入力されている文字を指示すると、その数値を長さとして取得できます。全角文字も数値長として取得できるようです。

間隔取得

線・円と線・円・点の間隔を取得します。

まず基準線として線・円を指示し、続けて、間隔を取得する線・円・点を指示します。このとき、左クリックで線・円、右クリックで点の指示になります。

基準線と線が平行でない場合は、クリックした位置に近い端点との間隔となります。

円を指示した場合は、円周上からの最短距離となります。


お知らせ

当サイトのPDF版を作成しました。教育資料やリファレンスとしてお使い頂ければと思います。

→ 「Jw_cad操作マニュアル」をPDF化
メニュー
基本操作
作図
編集
ファイル
表示
設定
その他