包絡処理

包絡処理では、選択された包絡範囲内に直線の端点、または他の直線との交点を2つ以上含んでいる場合、その端点・交点の2点間を部分消去する機能です。

メニューバー【編集】→【包絡処理】、またはツールバー【包絡】でコマンドを選択できます。

コマンドを選択すると、コントロールバーに線種のチェックボックスが表示されるので、包絡させる線種にチェックを入れます。

包絡処理コントロールバー画像

次に包絡範囲の始点と終点を選択すると、選択された線種だけ包絡処理が実行されます。

包絡処理画像1 包絡処理画像2

終点を選択するときに右クリックすると選択範囲内を消去、Shiftキーを押しながら左クリックで中間線消去が行われます。

範囲内消去画像

お知らせ

当サイトのPDF版を作成しました。教育資料やリファレンスとしてお使い頂ければと思います。

→ 「Jw_cad操作マニュアル」をPDF化
メニュー
基本操作
作図
編集
ファイル
表示
設定
その他