クロックメニュー

左ボタンドラッグ、右ボタンドラッグをしたときに表れる、アナログ時計のようなメニューがクロックメニューです。ドラッグする方向によってコマンドを切り替えることができ、マウスボタンを離すとそのコマンドを選択することができます。

クロックメニューを使用しなくても作図はできますが、ツールバーやメニューバーまでマウスカーソルを移動させずにコマンドを実行させることができるので、上級者や中級者にとっては便利な機能です。


クロックメニューの種類と数

ひとつのクロックメニューには、0時から11時までの12方向に機能が割り当てられており、クロックメニューは全部で8つあるので、96種類ものコマンドを使うことができます。

クロックメニュー(1)と(2)の切り換えは、AUTOモードコマンドを選択しているときに行えます。

任意の方向へドラッグした後に、マウスボタンを押したままクロックメニューの上にマウスカーソルを戻すと「キャンセル」という表示が出ます。ここでマウスボタンを離せばクロックメニューのキャンセル、再び任意の方向へドラッグすればAMとPMが切り替わります。

クロックメニューAM画像 クロックメニューキャンセル画像 クロックメニューPM画像

クロックメニューのカスタマイズ

クロックメニューに割り当てる機能は自分でカスタマイズすることができます。ただし、円周上点や中心点、オフセットなど変更できないものもあります。

カスタマイズは、メニューバー【設定】→【基本設定】で行うことができます。

クロックメニュー設定画面

クロックメニューを開かないようにする

クロックメニューを使わないので開かないようにしたい方は、メニューバー【設定】→【基本設定】「一般(1)」の「クロックメニューを使用しない」にチェックを入れると開かなくなります。ただし、右ドラッグでは中心点、オフセット、線上点、円1/4は開きます。

クロックメニューを使わない設定画面

メニュー
基本操作
作図
編集
ファイル
表示
設定
その他